So-net無料ブログ作成

夢占い(転ぶ) [行動など]

●夢占い 転ぶ

夢の中で道を歩いていて、前の方に転んだり、つまづいたり…というイメージが強いのであれば、良いことが起きる暗示だと思っていいそうです。しかも、転んだ先に何かがあれば、新しい出会いが待っていたり、何かを発見することを現しているようです。

もし、前の方に転ぶだけじゃなく、転がり落ちて死んでしまう夢を見た場合、それは悪い知らせじゃなくて、現実では事態が好転することを暗示してるんだそうです。例えば、直面していた問題が解決したり、新しい進路が開けたりするようです。

でも、後ろに転んでしまう夢を見た場合は、まわりの人たちから助けてもらえなかったり、先々の不安を抱えているということを現しているみたいです。

あと、高いところに向かって登っているときに転がり落ちてしまう夢というのは、現実では進路変更を余儀なくされるということみたいです。なお、自分が転んだりするのではなく、誰かが落ちるのを見るという夢は、挫折することを暗示しているらしいです。しかも、落ちる人が多いほど、そうなる確率が高いということのようです。

いずれにしても、転んだ先に開けた景色などがあれば、現実でも良いことが起きる暗示で、転んだ先に穴があったり、狭い場所だったりすると、現実では運が悪くなることを現しているんだそうです。

でも、基本的には、道を歩いていて転んだり、つまづいたりするというのは、気持ちが先走っていることを表していたり、ミスを犯しやすい状況であることを警告していると捉えた方がいいそうです。

ですから、夢の中で「転ぶ」「つまづく」というのは、なかなか判断が難しいようです。ですから、前方に転んだのか、後方に転んだのか、転んだ先に何が見えたのか、その辺りをよくチェックしないといけないようです。

ただ、「転ぶ」や「つまづく」というのは、普通に考えれば、悪いことを暗示してるように思ってしまいますけど、決してそういう訳でもない…ということは覚えておかないといけないですね。


タグ:占い
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。